1. 不倫慰謝料請求ガイド TOP
  2. 慰謝料請求が一番効果が良い理由
ph

浮気・不倫相手と別れさせたいなら慰謝料請求が一番効果あり?

夫や妻が不倫しているが離婚したくない・・・夫や妻を不倫相手と別れさせたい・・・

配偶者の不倫で悩んでいる方の中には、離婚するのではなく、不倫相手と別れさせて夫婦生活を取り戻したいと考えている方もいるのではないでしょうか。そのような場合には、配偶者や不倫相手に対して、精神的苦痛に対する損害賠償である慰謝料を請求することが有効な場合があります。

なぜ慰謝料請求が不倫相手と別れさせるのに効果があるのか、効果的な慰謝料請求の方法は何なのかについて解説したいと思います。夫や妻の不倫で苦しんでいる方、平穏な結婚生活を送りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

不倫で慰謝料請求できる場合とは

慰謝料請求できる「不倫」とは何か

そもそも慰謝料請求できる不倫とは、どういうことをいうかご存知ですか?

夫婦は、配偶者以外とは性的な関係を持たないという意味の「貞操義務」をお互いに負っています。夫や妻以外の人と性的関係を持つという不貞行為をすることは、この義務に違反して、相手の権利を侵害したと評価されます。

具体的には、肉体関係を持ったことを指しますが、性器の挿入にとどまらず、口淫やその他の射精を伴う行為も不貞行為に当たります。不貞行為で相手の権利を侵害し、精神的苦痛を与えたことを損害として、その損害を金銭で賠償するのが慰謝料ということになるのです。

過去に、性的関係を伴わず、一緒に飲食するなどだけだった場合も不倫慰謝料の請求が認められた裁判例がありましたが、例外的なケースといえるでしょう。

また、実際に不倫があった場合でも、夫婦関係がすでに破たんしている場合、不倫相手が配偶者を独身と信じる理由があった場合、時効が来ている場合、など請求できないケースもあるので注意しましょう。

慰謝料請求できる相手とは

このように、不倫は、夫婦間の貞操義務に違反して夫や妻に精神的苦痛という損害を加えた配偶者に対して、その損害賠償を求めるものなので、不貞行為をした妻や夫に対して慰謝料請求できるのが前提です。

しかし、不倫は当然ながら一人ですることはできず、必ず不倫相手がいます。そこで、この不倫相手にも、「配偶者と共同して不倫という不法行為をした」という責任を追及することができるため、不倫相手にも慰謝料を請求できるという仕組みになっています。

この配偶者と不倫相手の関係は、慰謝料の請求額にもかかわってきます。一緒に不倫という不法行為をしたという関係を「共同不法行為」と言いますが、慰謝料を合計で300万請求する場合、不倫した共同不法行為者である両者から合わせて300万円請求できるというのが、共同不法行為の考え方です。

配偶者から300万円請求してもいいですし、配偶者と不倫相手に150万円ずつ請求することでも、どちらでも選ぶことができます。ただし、配偶者には請求せずに、不倫相手にだけ300万円請求することは、事情によっては認められないこともあるので注意してください。

慰謝料請求が不倫相手と別れさせるのに効果的な理由とは

配偶者に不倫慰謝料を請求すると効果的な理由

結婚している配偶者が不倫をする理由は様々です。
本当に夫や妻が嫌になったというのではなく、お酒に酔って関係をもって以来不倫が続いているとか、相手のアプローチを断りきれなかった、水商売の女性にはまってしまったなど、一時的に気が移ったというようなケースも少なくありません。

勝手な言い分のようですが、そのような不倫の場合には、不倫はしたけれど離婚までは考えていない、という人も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合、不倫している夫や妻に対して不倫慰謝料を請求することで、夫婦間の不倫という問題を金銭的に解決し、夫婦関係を続けるという意思を示すことで、不倫関係を清算させられる可能性も十分にあるといえます。

不倫をしている夫や妻の側からすれば、慰謝料を払うことで今回の不倫を水に流してもらえると期待して、不倫相手と別れる結論に至ることが期待できるのです。

不倫相手に不倫慰謝料を請求すると効果的な理由

上記で、不倫をする配偶者の理由についてお話しましたが、不倫相手の理由も様々です。

完全に相手にはまってしまい、夫婦関係を破たんさせようと思い詰めている場合もありますが、特に若年層の不倫相手の場合には、不倫を軽く考えている人もいます。そのような不倫相手に慰謝料を請求することで、不倫相手が現実に気づき、不倫関係を清算して自ら別れるケースは多くあります。

仮に不倫相手が慰謝料請求されたことを理由に配偶者と別れたとしても、不倫をしたという不法行為の事実は消えないので、時効消滅するまでは慰謝料を請求できるという法律上の権利は消えません。

しかし、不倫相手の中には、多額の慰謝料を用意できない人もいます。そのような場合には、慰謝料の支払いを免除する代わりに、必ず別れて今後二度と連絡を取らないように約束させるといった内容で示談をすることも、不倫相手と別れさせて結婚生活を取り戻すのに有効な場合もあります

別れさせるのに効果的な不倫慰謝料の請求方法とは

希望の内容で示談する

慰謝料を請求するときには、示談の提案と合わせて行うと効果的です。

示談とは、当事者同士の合意のことをいいます。

したがって、示談の内容は、当事者が自由に決めることができます。不倫相手と別れさせるために慰謝料請求をする場合には、「配偶者と二度と連絡を取らない」ことや、「もし再度不倫をすることがあったら倍額の慰謝料を請求する」などの文言を盛り込み、不倫相手と別れさせて復縁しないように釘を刺しておくこともできます。

相手が慰謝料請求に応じて、示談に合意し、不倫関係を解消して別れればベストな結果です。しかし、相手が仮に慰謝料の全額を相手が支払えない場合でも、示談案を提示することで自身の本気の度合いを示し、不倫相手と別れさせる交渉の手段とすることも可能です。

弁護士を代理人に立てる

慰謝料の請求や示談は、当事者だけで行うことができます。

しかし、弁護士を頼んで代理人となってもらい、弁護士名で請求することで、相手が慰謝料を払ったり不倫相手と別れる効果は格段に高くなります。

法律の専門家が相手についていることを知らせることで、本気度を示すことができますし、不倫相手が分かれない場合には相当のペナルティがあることを伝えることも可能になります。実際に裁判を起こすに至らなくても、内容証明郵便で不倫慰謝料の請求をするだけでも、弁護士名ですることによって大きな効果が期待できると言えるでしょう。

弁護士費用が掛かることが心配になる方も多いと思いますが、当事者だけでことを進めて裁判になると、金銭的、時間的、精神的にも大きな負担になります。また、裁判に至らない書類の対応だけなら、比較的安価で対応してくれる弁護士事務所もあるので、まずは気軽に弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

不倫相手と別れさせるために慰謝料請求で注意すべきこと

慰謝料請求の方法に注意

慰謝料請求をする場合には、ご自身が法律に違反しないように、適切な方法で行うことが重要です。

具体的には、配偶者とは場合によっては第三者を間に入れるなどして、感情的にならず話し合いを進めます。離婚せずに夫婦関係を維持する意思があること、今回の不倫は慰謝料で許すことを伝え、夫婦間といえど、話し合いの内容を書面に残しておくといいでしょう。

不倫相手に対して慰謝料の請求をする方法としては、可能であれば対面して請求してもいいですが、いつ、どのように慰謝料請求をしたのかを証拠に残すために、メール、ファックス、手紙などの方法で請求しましょう。

その際、最も有効なのは、内容証明郵便で慰謝料請求をすることです。内容や日時、送受信の相手を郵便局が証明してくれるので、書類が届いたかどうかといった問題になることを防げるうえ、万一もめて紛争になった場合に有効な証拠になります。

慰謝料請求の内容に注意

慰謝料請求をするときに気を付けるべきポイントは、慰謝料の金額と請求の態様です。

不倫慰謝料には明確な目安はなく、不倫の程度や夫婦への影響によって50万から300万円程度と言われています。相場をはるかに超える様な高額な慰謝料を請求すると、もはや払えないと開き直って別れるどころか縁が深まる恐れも否定できません。

慰謝料請求をする際には、相場を踏まえた上で、あくまでも精神的苦痛に対する損害賠償であるというスタンスを崩さないようにしましょう。

また、慰謝料を請求する態様にも注意が必要です。慰謝料を請求する、つまり損害賠償請求をするということは不倫された配偶者の権利ですが、相手を脅すような態様での請求は、権利の濫用として請求が認められなくなったり、刑事事件の問題に発展する可能性もあります。

不倫相手と別れさせるという効果を最大限に生かすためには、法律にのっとって、適切な方法と内容で請求することが大切です。

まとめ

不倫相手と別れさせるのに慰謝料請求が効果的な理由と、その効果を高めるための方法についてお話しさせてもらいました。

夫や妻の不倫で苦しんでいる方の中には、慰謝料請求が解決の道になりうることを初めて知ったという方もいるかもしれません。ご自身の負担をできるだけ少なく不倫相手と別れさせるためには、早い段階で弁護士に依頼し、代理人として慰謝料請求を任せることが有効なケースが多くあります。

不倫で悩んでいる方は、まずは弁護士に相談して、慰謝料請求の方法を検討してみることをお勧めします。

↓ 慰謝料請求に強い弁護士 ↓

ページトップ