1. 不倫慰謝料請求ガイド
  2. 看護師の不倫

看護師は不倫が多い?不倫の理由・夫が注意すべきポイントを解説

看護師は不倫が多いと言われています。
そのような話を聞くと、看護師を妻にもつ夫は「自分の妻も不倫をしているのではないか?」と心配になってしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、看護師に不倫が多いのには理由がありますし、夫婦の関係を少し省みるだけで不倫を未然に防ぐことも可能です。
看護師に不倫が多いと言われる理由と、夫が看護師の妻の不倫に対して注意すべきポイントについて解説していきます。

不倫が多い理由と、夫ができることをしっかりと理解して、できる限り円満な夫婦関係を継続していくことができるようになりましょう。

看護師の不倫が多い理由

看護師に不倫が多いと言われるのには他の職場にはない特徴が看護師という職業にあるためです。
主な特徴として以下の5つをあげることができます。

  • 忙しくストレスが多いから
  • 人の命を預かっているため大きなプレッシャーがかかる
  • 夜勤が多いから
  • 医者や患者と密接になりやすいから
  • 看護師はモテる

会社で事務職などをしている女性にはない特徴が看護師にはあります。
看護師に不倫が多いと言われる理由について、まずは詳しく解説していきます。
 

(1)忙しくストレスが多いから

普段は笑顔の看護師さんですが、その業務は繁忙を極めています。
高齢化に伴い、患者の数は急増しており、力仕事も多く、患者にいい顔をして、さらに医師にまでいい顔をしなければならないのでストレスは相当なものです。

このストレスを解消するために、異性に相談するうちに恋愛関係に発展したり、セックスそのものによってストレスを解消したりする看護師も少なくありません。

(2)人の命を預かっているから

看護師というのは人の命を預かる職業です。
これは、他の職業にはない大きなプレッシャーとストレスになります。
患者の容態などにも大変な気を使いますし、自分が担当している患者が死亡してしまったら大きな責任を感じてしまうものです。

さらに個人的に親しくなった患者が命を落としてしまうことも少なくありません。
看護師も人間ですので、そのような出来事によって悲しみに打ちひしがれる人もいるでしょう。

人の命を預かる、目の前で人が亡くなるということを共有できる同僚や医師と不倫をしてしまう人も少なくありません。

(3)夜勤が多いから

夜勤が多いというのも看護師が不倫に走りやすい大きな原因の1つです。
夜勤は日勤と比べて病院内も非常に静かになりますし、忙しい日勤と比べて時間があり、看護師と医師、看護師と患者が2人きりになるタイミングも少なくなくありません。

つまり、日勤ではストレスを抱えている看護師が夜勤になると急に静かな環境で男女2人だけになることが多くなるのです。
恋愛関係が始まるにはまさに絶好のタイミングと言えるでしょう。

日中忙しい看護師が不倫に走ってしまう大きな原因の1つに夜勤があります。

(4)医者や患者と密接になりやすいから

 
看護師は医師や患者と密接になりやすい職業です。
医師とは共同で何かの作業をしなければならないことも多いですし、患者とは個人的な悩みなどを親密に話す機会も多くなります。

他の職業であれば、特定の誰かと親密になる機会はそれほどないかもしれません。
しかし、看護師は職業上、患者や自分が所属している科の担当医師などの特定の異性と親密になる機会が多いので、不倫関係に発展しやすくなります。

(5)看護師はモテる

そもそも「白衣の天使」「ナース」などと形容する言葉が多い看護師は職業としてモテる職業です。
職業柄、医師や患者から声をかけられる機会が多いので、出会いのチャンスはたくさんあります。

その上、看護師自身も大変なストレスを抱えているので、声を掛けられる中でストレスを発散する程度の気持ちで、結果的に不倫関係になってしまうこともあります。
 

看護師が不倫に走るきっかけ

看護師が不倫に走ってしまうのにはやはりきっかけがあります。

医師や患者と親しくなることが多い職業ですし、何よりも看護師は看護師というだけでモテるので、医師など勤務先で憧れの存在の人に声をかけられることが多いので、不倫に走ってしまうきっかけが多い職場ということもできます。

看護師はどんなきっかけで不倫に走ってしまうことが多いのでしょうか?

(1)夜勤で医師や患者と仲良くなる

やはり不倫のきっかけが最も多いのは夜勤です。
普段は忙しくて親密になる機会がない医師や患者と静かな環境でゆっくりと接する時間があるので、このようなタイミングで親密になることが多いのです。

待機しているタイミングで医師と2人だけになったり、親しくなった患者の部屋で、2人で過ごしたりということもあるようです。

また、昼間は特定の医師や患者と仲良くしていたら周りからの目線が気になりますが、夜勤であれば人の目が少ないので、医師や患者と仲良くできる環境にもあります。
やはり、看護師は夜勤をきっかけとして不倫をしてしまうことが多いようです。

(2)医師から誘われることが多い

看護師は医師から誘われる機会も多いと言えます。
そもそもモテる職業で、若い女性が多いので既婚者の医師などから誘われることが少なくありません。

夜勤終わりに飲みに行ったり、職場の飲み会帰りにホテルやマンションに誘われて不倫がスタートしてしまったりすることはよくあるようです。

看護師の不倫を見抜くポイント

看護師の妻が不倫をしているかもしれないと不安に思ったら、まずは妻の行動や夫婦関係を見直してみましょう。
具体的には以下の2つにいずれかに該当していると不倫をしている可能性も否定できません。

  • 夜勤が増えているかチェック
  • セックスレス状態ではないか

看護師の妻が不倫をしている可能性がある2つのチェックポイントについて詳しく解説していきます。
 

(1)夜勤が増えているかチェック

夜勤が増えているかどうかチェックしましょう。
不倫をしている人は夜勤を言い訳にして不倫相手と会う傾向があります。
そのため、夜勤がある職業の人に不倫相手ができると急に夜勤が増えるというのはよくある話です。

これまでそれほど夜勤はなかったのに急に夜勤が増えたような場合には、夜勤を言い訳に不倫相手と会っている可能性が高いと言えます。
看護師の妻の夜勤が急に増えていないかどうかをまずは確認してみましょう。

さらにシフト表を確認できるのであれば、シフト表をチェックすることでも不倫の可能性を探ることもできます。
特定の同じ人といつも一緒に夜勤に入っているのであれば、その人と一緒にいたいためにシフトを合わせている可能性があります。

妻のシフトまで確認できないのであれば、夜勤が増えていないかどうか確認し、シフトを確認できるのであれば、いつも同じ人と夜勤に入っていないかどうかをまずは確認してみましょう。
 

(2)セックスレス状態ではないか

そもそもの不倫関係の原因は夫婦間の問題にあることも少なくありません。
いくら看護師が不倫をすることが多い職業だとしても、全ての看護師が不倫をしているわけではありませんし、むしろ不倫をしている人の方が少数派です。
どんな職場であったとしても夫婦関係が円満な状態であれば不倫は起きないのです。

不倫の大きな原因として挙げられるのはセックスレスです。
具体的には45歳以下で月1回以上のセックスがない場合には不倫の可能性が高くなると言われています。
セックスがないことによって欲求不満となり、その不満を他の異性に向けることによって不倫に走ってしまう傾向があります。

自分たち夫婦がセックスレス関係になっている場合には、そもそも不倫が起こりやすい環境下にある看護師は不倫をしてしまう傾向にあります。
セックスレス状態にある場合には、不倫が起こる前に解消しましょう。

一度不倫をしてしまうと、妻は夫とセックスをすることを拒否する傾向にありますので、早めに対処した方がよいでしょう。

また、看護師は仕事で大きなストレスを抱えていますので、妻の話をよく聞いてあげる、家事を手伝う、子育てに積極的に関わるなどの行為もとても重要です。
夫が自分の仕事だけで精一杯になり家庭や妻を省みることがなきないと不倫が起こる可能性があるので、こちらも十分に注意しましょう。
 

看護師との不倫を疑ったらすべきこと

看護師の妻が不倫をしている可能性が高いと、上記のチェックポイントで判断したら、次は本当に不倫をしているという確証を得なければなりません。
確証もない段階で不倫を追求したとしても、看護師として一定の経済力のある妻は簡単に離婚という道を選んでしまう可能性もあります。

妻と再構築を視野に入れている場合でも、やはり明確な不倫の証拠が必要になることもあります。
不倫を疑った後に証拠を集める方法について詳しく解説していきます。
 

(1)行動を確認する

まずは行動を確認することが重要です。
不倫をしている妻は急に容姿が派手になったり、香水をつけるようになったりします。
特に夜勤がある看護師は、空いている昼間に不倫をすることも少なくありません。

自分が帰宅する時間を遅めに伝えておくことで、自宅で不倫をしている状況を目にしてしまうケースもあるでしょう。
仕事ということにして、休みを取れば尾行しやすい昼間の時間に妻を尾行することもできます。

このように、妻の普段の行動や休日の行動を確認することによって、不倫の証拠を掴むことができるケースは少なくありません。
 

(2)スマホを確認する

スマホは不倫の証拠が盛り沢山です。
妻のスマホのロック解除の方法が分かるのであれば、妻の入浴中や睡眠中にロックを解除し、スマホを確認しましょう。

スマホを解除できたら確認するポイントは以下の5つです。

  • LINE
  • SNS
  • 写真
  • 通話履歴
  • アプリ

LINEは不倫相手とどんなやりとりをしているかの確認です。
まずは、トーク履歴に特定の異性と頻繁にやり取りしている人がいないかどうか確認しましょう。

特定の異性とやり取りしているのであれば、特定の異性とどんな会話をしているのか確認しましょう。
ホテルの話やセックスの話をしているのであれば、それは不倫の有力な証拠になります。
しっかりと写真に収め、不倫の証拠として抑えておきましょう。

また、SNSでフォロワーや昔の友人や恋人と不倫をしている人もいますので、SNSのDMもチェックしておいた方がよいでしょう。

写真にも不倫の証拠があることもあります。
不倫相手とデートしている写真や、ホテルでの写真があれば不倫の有力な証拠になりますので、これらの写真を見つけたら自分のスマホでしっかりと保存しておいて下さい。

通話の履歴も重要です。
不倫をしている人は自分の仕事中や就寝時間に特定の相手と頻繁に電話をしているケースが多々あります。
自分と妻が離れている時間に、特定の相手と通話をしていないかどうかの確認もするようにして下さい。

最後にスマホにマッチングアプリが入っていないかどうかの確認をしましよう。
ストレスの多い看護師の中には、わざわざアプリを使って不倫相手を探して、ストレス発散に使っている人も少なくありません。
スマホにマッチングアプリが入っている場合には限りなくクロの可能性が高いと言えるでしょう。
 

(3)探偵に依頼する

慰謝料請求を考えているのであれば、客観的に配偶者以外の異性と不貞行為をしていると考えられる明確な証拠が必要になります。
不貞行為というのはセックスのことで、セックスをしているという明確な証拠が必要です。

そして、この証拠は「異性とホテルに出入りする写真」「異性とマンションに出入りする写真」だけと言っても過言ではありません。

スマホの情報などから「確実に不倫している」と考えられる証拠を掴むことはできたとしても、慰謝料を請求できるほど客観的な有力な証拠とはなりません。
自分で妻を尾行して、ホテルに出入りする写真を撮影することは非常に困難です。
自分で証拠を掴むことが難しいのであれば、探偵に依頼しましょう。

探偵は妻が不貞行為をしている客観的な証拠を撮影してくれることはもちろん、不倫相手の情報まで調べてくれるので、自分で証拠を集めるよりも非常に確実性が高い証拠や相手の情報を集めることができます。

調査に時間がかからないのであれば、20〜30万円程度の料金で済む場合もありますので、自分で確実な証拠を集めることができないのであれば、まずは相談してみるとよいでしょう。
 

看護師の夫が注意すべきこと

このように、看護師は不倫が多い職場であることは間違いありません。誰だって自分の妻に不倫をして欲しくなどありません。
そこで、妻の不倫を未然に防ぐために、日頃から妻や家庭に対して態度や意識を以下のように変えるようにしましょう。

  • 妻の話を聞く
  • セックスレスにならないようにする
  • 家事や子育てに関心を持つ

これだけで妻のストレスは軽減して、家庭や夫の満足感を感じ不倫に走ってしまうリスクを幾分か軽減できる可能性があります。
最後に夫が看護師の妻にできることについて詳しく解説していきます。
 

(1)妻の話を聞く

繰り返しになりますが、看護師というのは非常にストレスの多い職業です。
そのストレスを発散するために不倫をしたり、悩みを共有してくれる人に話を聞いてもらううちに恋愛関係に発展してしまったりすることもあります。

つまり、夫が話を聞き、悩みを共有することができれば不倫を未然に防ぐことができる可能性もあるのです。
夫も自分の仕事で大変かもしれませんが、看護師は不倫が多い職業であるということを十分に認識して、妻の話を聞くという姿勢を持つようにしましょう。

(2)セックスレスにならないようにする

看護師に限らず、不倫の原因はセックスレスであることが非常に多くなっています。
仕事で疲れているかもしれませんが、妻との肉体的な関係を定期的に持つようにしましょう。

夫とのセックスで妻が満足できていれば、他の男性に肉体的な欲求を求める可能性は低くなり、不倫を未然に防ぐことができる場合があります。

(3)家事や子育てに関心を持つ

看護師の妻は、ただでさえ仕事でストレスを感じ、さらに家事や子育てでもストレスを感じています。
家事や子育てに関しても妻とできる限り共有して、妻の家庭に対するストレスを軽減しましょう。

家庭で感じているストレスは、家庭で解消することは不可能です。
そのため、家庭でのストレスは外で解消しようとしますので、不倫が起きてしまいます。
妻が家庭でのストレスを貯めないよう、家事や子育てに積極的に関わるようにしましょう。
 

まとめ

看護師は不倫が起きやすい職業です。これは仕事の内容から仕方のない部分と言うことができます。
しかし、仕事や家庭でのストレスを軽減してあげれば不倫を未然に防ぐことができる可能性は高くなります。

  • 定期的にセックスをする
  • 妻の話を聞く
  • 家事や子育てに積極的に関わる

などの少しの配慮で不倫は未然に防止できます。
自分たち夫婦の関係性を省みて、妻がストレスや欲求不満を感じないように努力しましょう。

不倫慰謝料請求に強い弁護士

ページトップ

自分で解決するには限界があります

実績豊富な弁護士はこちらから