1. 不倫慰謝料請求ガイド TOP
  2. 不倫の相談先

不倫問題は身近な人に相談しない方が良い?状況に適した不倫の相談先

配偶者が不倫している、あるいは不倫している疑いがある場合、

「本当に不倫しているのか確かめたい」
「不倫をしているなら許せない」
「慰謝料を請求したい」
「離婚したい」

など、さまざまな思いが頭をよぎることでしょう。

しかし、自分だけでは考えがまとまらず、どうしていいかわからないという方も少なくありません。
そのような場合、ひとりで悩まずに第三者に相談することで、心が晴れたり解決策が見えたりすることがあります。

そこで本ページでは、不倫でお悩みの場合の相談先にはどのようなものがあるか、それぞれの相談先にはどのようなメリット、デメリットがあるかなどについて、詳しく解説します。

不倫の相談窓口とは

配偶者の不倫の相談先には、いろいろなものがあります。
代表的なものは、

  • 身内や友人
  • カウンセラー
  • 興信所・探偵事務所
  • 公的機関
  • 弁護士

などです。
それぞれメリット、デメリットがありますから、状況に応じて適切な相談窓口を選択する必要があります。
以下、それぞれの相談先について、詳しく解説します。

身内や友人への相談

(1)相談するメリット

相談先としてまず考えられるのが、親やきょうだいといった身内、友人です。
身内や友人への相談は、気軽にできるうえ、費用もかからないというのがメリットです。

また、身内や友人は、一般的にいってあなたの心情を理解し、あなたの意見に賛同してくれる可能性が高いでしょう。そのため、味方を得た安心感を得ることもできます。

(2)相談するデメリット

しかし、身内や友人は不倫問題の専門家ではありません。したがって、身内や友人のアドバイスが適切なものである保証はありません。
聞きかじりの知識に基づいて間違ったアドバイスをしている可能性もあるのです。

また、あなたに賛同してくれやすいというメリットは、裏返せば最初から身内や友人はあなたの味方で、偏った意見を盛ったりアドバイスをしたりする可能性があるともいえます
さらに、相談した相手によっては、相談内容が第三者に漏れてしまう可能性がないとはいえません

このようにみると、身内や友人への相談は、心理的な負担を軽くするということを除いて、あまり効果があるとは言えません。

カウンセラーへの相談

(1)相談するメリット

インターネットで「離婚 相談」などと検索すれば、離婚カウンセラー、離婚相談所など、不倫や離婚に関して相談を受け付けるサイトを多数見つけることができます。

実績が豊富なカウンセラーであれば、経験に基づき、身内や友人よりも効果的なアドバイスをしてもらえるでしょう。また、カウンセラーは中立の立場にありますから、身内や友人のように相談者を身びいきすることもありません。
また、相談内容が身内や知人に漏れることもないでしょう。

電話やメールでの相談を受け付けているところもあるので、気軽に相談できるというメリットもあります。

(2)相談するデメリット

カウンセラーへの相談のデメリットとして、カウンセラーの質の問題があります。
カウンセラーには国家資格のようなものはありません。民間団体の資格などはあるようですが、それも必須ではありません。
極端に言えば、何の資格もなくカウンセラー、相談所という肩書を使用することができるのです。
したがって、カウンセラーや相談所は、玉石混交と言わざるを得ません。

また、カウンセラーや相談所では、初回相談無料とうたっているところもありますが、継続的に利用するには費用がかかる場合があるということも考えておく必要があります。

さらに、カウンセラーにできるのはあくまで助言にとどまります。
相談の結果、慰謝料や離婚の請求をするという結論に至った場合でも、法的な手続の代理や代行をできるわけではないのです

興信所・探偵事務所への相談

(1)相談するメリット

「配偶者が不倫しているかどうか、本当のことを知りたい」「配偶者の不倫の証拠をつかんで慰謝料や離婚を請求したい」というような場合、興信所・探偵事務所に相談することが考えられます。

不倫を理由に慰謝料の支払いや離婚を請求するには、請求する側が不倫の事実を証明する必要があります。そのためには、不倫に関する証拠を集めなければなりません。
ここでいう証拠とは、性的関係があったことを推認させる証拠のことです。
ですから、配偶者が異性とラブホテルに出入りする写真のようなものが、決定的な証拠になります。

しかし、配偶者の不倫を疑ったときに、自分で毎日のように配偶者を尾行して証拠をつかむというのは現実的ではありません。
そこで、このような場合、証拠集めの専門家である興信所・探偵事務所を利用し、配偶者を尾行するなどして不倫の証拠を集めてもらうことが有益です。

(2)相談するデメリット

興信所・探偵事務所への相談の最大のデメリットとして、高額の費用がかかるということがあげられます。

不倫の証拠をつかむため、配偶者の素行調査を依頼したとします。よほど配偶者の行動パターンを特定できている場合でもなければ、1日や2日の尾行で不倫の証拠をつかむことは難しいでしょう。
しかし、1週間~10日といった期間の尾行を依頼すれば、業者にもよりますが、数十万円~100万円程度の費用がかかるおそれがあります。
もちろん、その期間に証拠をつかめる保証はなく、仮につかめなかったとしても費用は戻ってきません。

ですから、配偶者が不倫をしている可能性がかなり高いこと、配偶者には収入・資産があり、不倫の証拠さえあれば慰謝料の支払いを確実に受けられる見込みがあることなどの事情がなければ、なかなか依頼に踏み切れないでしょう。

また、興信所・探偵事務所は証拠集めなどの専門家であり、夫婦間の問題をどう解決するかについて相談するところではありません。
配偶者の不倫が発覚した場合に慰謝料を請求するか、離婚するかといった悩みは、別のところで相談する必要があるのです。

さらに、カウンセラーのデメリットで述べたことが、興信所・探偵事務所にもあてはまります。興信所・探偵事務所に国家資格があるわけではないので、探偵の能力が保証されているわけではありません。(国への届け出は必要です)
高額の費用がかかるわけですから、なおさらよい興信所・探偵事務所の見極めが重要になります。

公的機関への相談

(1)相談するメリット

各自治体には、名称は自治体によりますが、男女共同参画推進センター、女性センターなどといた機関が設置されており、家庭生活や離婚などについての悩みを相談することができます。

公的機関への相談ですから、無料で受けることができます。もちろん、相談内容が外部に漏れることもありません。
また、離婚後の生活に不安があるような場合には、事前に福祉事務所などに相談にのってくれます。

(2)相談するデメリット

カウンセラーなどと同じように、あくまで相談に対してアドバイスをしてもらえるにとどまります。公的機関が相談者の代わりに慰謝料の請求手続をしてくれるわけではないのです

弁護士への相談

(1)相談するメリット

慰謝料請求や離婚請求をしたいという方向性が決まっているような場合には、法律の専門家である弁護士に相談することが有益です。

弁護士に相談をすれば、

  • どのような証拠があれば慰謝料の請求や離婚の請求が認められるか
  • どうすればその証拠を入手できるか
  • 慰謝料の相場はどの程度か
  • 相談者のケースではどの程度の慰謝料の支払いが期待できるか

などといったことについて、アドバイスしてもらうことができます。

また、法律相談だけで終わらず、正式に弁護士に依頼をした場合は、アドバイスにとどまらず、配偶者との交渉や裁判所の手続きなど、慰謝料請求に関するいっさいを弁護士に代わりにしてもらうことができます。

さらに、弁護士はカウンセラーや探偵と違い、司法試験という国家試験に合格し、司法修習という研修を終えた者だけがなることができます。そのため、弁護士は誰もが一定の能力は備えていると考えられるので、他の相談先よりも安心して相談することができます。

弁護士には守秘義務があるので、職務上知りえた情報を第三者に漏らすこともありません。

(2)相談するデメリット

弁護士に相談や依頼をすると、費用がかかります。この点が弁護士に相談する唯一のデメリットであり、多くの方が不安を抱いていることと思われます。

しかし、最近は初回法律相談無料という法律事務所も増えてきました。また、正式に依頼をする場合にも、着手金を低く抑え、成功報酬でカバーするといったように、依頼者の負担を軽減する費用体系を採用している法律事務所もあります。

このような法律事務所を探すことで、費用の自己負担を抑えて弁護士の力を借りるようにすれば、実質的なデメリットはなくなるでしょう。

まとめ

このように、不倫の相談先にはそれぞれメリット、デメリットがあります。不倫についてお悩みの方は、それぞれの状況に応じて、相談先を決めるといいでしょう。

すでに慰謝料請求や離婚請求をするという方針が決まっているような場合には、法律の専門家である弁護士に相談し、具体的な請求方法などを検討するようにしてください。
弁護士は一定の能力を備えているといいましたが、弁護士登録後の取扱い事件の内容などによって、得意な分野やそうではない分野などにどうしても個人差が出てきます。
そのため、できれば不倫慰謝料に詳しい弁護士に相談するのが望ましいといえます。

弁護士に心あたりがない方のために、当サイトでは不倫慰謝料に詳しい弁護士を紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

↓ 慰謝料請求に強い弁護士 ↓

ページトップ