1. 不倫慰謝料請求ガイド
  2. 不倫証拠の隠し場所

不倫の証拠の隠し場所が分からないときの対処法

不倫慰謝料の請求には証拠が非常に大切です。
夫の行動の変化や女の勘から「絶対に不倫している」という確証があったとしても、不倫慰謝料請求は証拠がなければ困難です。

しかし、夫が不倫の証拠を完璧に隠していた場合、例え本当に不倫していたとしても妻は泣き寝入りするしかないのでしょうか?
証拠が見つからなくても泣き寝入りする必要はありません。

例え夫が不倫の証拠を完璧に隠していたとしても、相手がいることですので必ず証拠を掴む方法はありますし、確定的な証拠がなくても慰謝料を取ることができる場合もあります。

夫が不倫の証拠を完璧に隠していた場合の対処法を解説します。
隠し場所が分からなくても証拠を無闇に探すのではなく、冷静に対処できる方法を見ていきましょう。

証拠の隠し場所が分からなくても慰謝料請求できる?

不倫の証拠の隠し場所が分からなくても慰謝料請求をすることはできるのでしょうか?
慰謝料請求は当事者同士の交渉が基本ですので、隠し場所が分からなくても請求自体は行うことは可能です。

証拠がなくても「あなた不倫しているでしょ」「離婚するから慰謝料を払って」と請求するだけであれば証拠は必要ありません。

しかし、証拠がなければ相手が開き直って離婚にも慰謝料の支払いにも応じてくれないことも考えられますし、最終的に裁判になった場合には、隠し場所が分からずに証拠が何もない状態では裁判に勝つことは難しいと考えた方がよいでしょう。
 

(1)請求自体はできる

不倫慰謝料の請求は、基本的には当事者同士の話し合いで行います。
決定的な証拠がなくても「あなた不倫しているでしょ」と詰め寄り、「不倫慰謝料を支払って下さい」と夫に請求することはできます。

相手が妻からの詰問に屈して「不倫していました。ごめんなさい」と認め、慰謝料の支払いをする場合もあります。
しかし、夫が「不倫なんてしていない。証拠はあるのか」と反論してきた場合には、最終的に裁判所で解決するしかありません。
証拠がなくても請求はできるが、相手が応じるかは不透明で、証拠がなければ開き直られてしまう可能性も高いのです。

(2)裁判では不利になる可能性がある

裁判で不倫慰謝料の支払いが争われる場合には証拠があるかないかが非常に重要になります。

裁判で不倫慰謝料が認められるためには、裁判官が不倫の事実を確認し、これまでの夫婦関係や不倫の状況などから勘案して慰謝料を算定するからです。
このため、不倫の証拠の隠し場所が分からず、確定的な証拠もないまま、不倫慰謝料を請求して、裁判にまで至ってしまった場合には、証拠がないことによって裁判が著しく不利になってしまうことがあるのです。
 

隠し場所が分からなくても証拠を掴む方法

もしも不倫の証拠の隠し場所が分からなくても証拠を掴む方法はいくつかあります。
相手の自白を迫ったりすることで証拠になることはありますが、証拠を完璧に隠している人が簡単に自白するとは限りません。
自分でできる方法としてはLINEの履歴を確認することとホテルに入る写真を抑えることです。

隠し場所が分からない場合の証拠の掴み方を解説します。
 

(1)メールやLINEの履歴

一つ目がメールやLINEの履歴から不倫の証拠を掴む方法です。
なお、不倫の証拠というのは、夫が自分以外の女性とセックスをしている証拠ということです。
単に女性と仲良くLINEをしているだけでは、不倫の決定的な証拠にはなりません。

メールやLINEで「ホテルで待ち合わせしている証拠」や「この前は気持ちよかったよ」など、明らかにセックスがあったことが分かる内容であることが重要です。
ただし、不倫の証拠をひた隠しにしている人は、LINEやメールの履歴を削除している可能性があります。
もしもLINEの履歴を見つけたら、削除される前に自分のスマホで画面を撮影するなどして証拠はすぐに保存できるようにしておきましょう。

また、LINEの履歴は専用アプリを使用することで復活させることができる場合もあります。
相手のスマホに入ることさえできれば、何かしらの形で証拠を得ることはできるので、相手が入浴中や睡眠中などに確認してみるとよいでしょう。

(2)ホテルに入る写真

最も確実な不倫の証拠が夫と不倫相手が2人でホテルに入る写真です。
この写真を撮られると、いくら夫と不倫相手が「ホテルに入って打ち合わせをしただけ」と主張しても、一般的に実際にはセックスをしたものとして判断されます。

しかし、自ら夫を尾行して、夫と不倫相手がホテルの前で待ち合わせしたり、ホテルに入ったりする写真を撮影することは簡単ではありません。
もしもこの写真を撮ることができれば、不倫の有力な証拠になりますし、仮に不倫の証拠の隠し場所が分からなくても決定的な証拠を掴むことができるようになります。

(3)相手の自白

証拠を掴むことができなくても、相手の自白があれば有力な証拠になります。
そもそも相手が認めているのですから、裁判になることも証拠を提出する必要もありません。

ただし、離婚して慰謝料を取ることを検討しているのであればこの方法はあまりおすすめできません。
証拠を隠している夫が、「不倫しているんでしょ」という詰問に対して素直に「はい」と認めるとは思えませんし、むしろ、疑われていることに気づいてさらに証拠を隠してしまう可能性もあります。

また、このような詰問の場面は大抵修羅場になります。
子供がいる場合には、このような修羅場を見せることは間違いなく子供のためにはなりません。
証拠がなくて相手が素直に認めない場合には、それ以上追求するのではなく、ほどほどに追求はやめて、他の証拠を探した方がよいでしょう。
 

証拠の隠し場所が分からないときに自分がすべきこと

証拠の隠し場所がわからない時に自分で何ができるのでしょうか?
証拠が何もない状態では慰謝料請求は非常に不利になりますので、相手が証拠を完璧に隠している状態であったとしても何かしらの証拠は獲得する必要があります。

具体的な方法としては、探偵に依頼するなどのお金がかかる方法もありますが、周囲の人への聞き込みなどはお金がかからない有効な方法です。
不倫の証拠を掴めない時、自分にできることはどのようなことか、詳しく見ていきましょう。
 

(1)尾行する

物的な証拠を掴むことができないのであれば、夫を尾行するという方法で証拠を掴むことができる場合があります。

夫の会社の前で待ち伏せして、女性に会うまで後をつけ、ホテルに入るところやキスをする場面を写真に収めることができれば証拠を掴むことができるかもしれません。
しかし、仕事をしていたり子育てをしていたりする女性がこのような尾行をすることは難しいですし、夫に見つかってしまう可能性もあります。

尾行に自信がないのであれば現実的な方法ではありませんが、もしも実現することができれば隠し場所が分からなくても非常に有力な証拠を得ることができます。
 

(2)探偵に依頼する

最も確実な方法が探偵に依頼することでしょう。
隠し場所が分からなくても探偵であれば、裁判になっても非常に有力な方法で不倫の証拠を集めてくれます。

相場は着手金が10万円程度と成果報酬20~40万円程度となっているようです。
合計で30万円〜50万円程度かかってしまうことが一般的ですが、慰謝料で200万円〜300万円程度獲得することができることを考えれば、決して高い費用ではないと言えるのではないでしょうか?

証拠の隠し場所が分からず、離婚したいけど慰謝料を獲得できるだけの証拠がないという人は、まずは探偵に相談してみるのが確実かもしれません。
 

(3)配偶者の周囲の人に聞く

証拠が掴めない時には夫の周囲の人に聞くというのも有力な方法です。
不倫慰謝料は周囲の人の証言なども重要な証拠になる可能性もあります。
夫の会社の同僚や、友人から、夫が飲み会や残業と言って帰りが遅くなった日に本当に残業や飲み会があったかどうかを確認することで、少なくとも夫が嘘をついていたことが分かるためです。

夫の帰りが遅くなったり、休日出勤があると言ったりしていたことなどを外出した日ごとに時系列に並べ、嘘をついていた日はいつなのかを記録しておくことで相手の記憶よりも確かな嘘の証拠を作成することができます。
このような証拠があることで慰謝料請求が有利になることがあります。
 

証拠がないときに慰謝料請求する方法

先ほど説明したように、確定的な証拠を掴めなくても慰謝料を請求することはできますが、証拠がないと相手が開き直り、裁判になった時に不利になってしまいます。
しかし、交渉を優位にすすめることで、裁判に行く前に慰謝料を勝ち取ることもできるのです。

慰謝料請求の交渉を優位に進めるためにはポイントがあります。
証拠がないまま不倫慰謝料を請求する方法とポイントについて詳しく見ていきましょう。
 

(1)慰謝料請求は裁判外で行われることが多い

慰謝料請求は裁判で争われることは実際にはそれほど多くはありません。
基本的には不倫をされた側の配偶者が不倫をした側の配偶者に対して、慰謝料の請求を行い、金額的な交渉をして、双方が納得できる金額で和解して慰謝料が支払われるというものです。

そのため、最初の慰謝料請求の段階で夫が慰謝料の支払いに納得してしまえば、証拠がなくても慰謝料を獲得することができるのです。
つまり、証拠がない場合には、いかに交渉段階で有利に話を進めることができるのかということが重要になります。

会社の同僚や友人などから聞き込みを行い、明らかに嘘をついているという場合には、時系列で状況を示すなどして、状況証拠を提示することによって相手の逃げ場がなくなり、交渉段階で慰謝料の支払いに応じてくる可能性があります。

このように、交渉さえ有利に進めることができれば慰謝料は証拠がなくても獲得できる可能性があります。
 

(2)不倫相手さえ特定できれば請求はできる

慰謝料請求は、夫からだけでなく不倫相手からも請求することができます。
そのため、不倫相手さえ特定することができれば、不倫相手にも慰謝料を請求することができます。
証拠がなくても、不倫相手の女性からすれば、慰謝料の請求がくれば精神的に動揺しますし、夫も女性をかばうために不倫を自白するかもしれません。

慰謝料の交渉相手が夫だけであれば、夫は開き直るかもしれません。しかし、女性も交渉相手として考えれば、双方が口裏を合わせて嘘を突き通すことは非常に難しいものです。

証拠を掴めず、夫だけと話すのではらちが開かない場合には不倫相手を突き止め、交渉段階で慰謝料請求を有利に進めるという方法もあります。
 

(3)法的手段に出ることをあえて匂わせる

慰謝料請求の交渉段階で、法的手段に出ることを匂わせることは会社員に対しては非常に効果的です。
普通の会社員は裁判という誰でも記録を閲覧することができるもので、不倫慰謝料を争うことを非常に嫌がります。
不倫をしているという事実が会社などに知られてしまえば出世に影響するかもしれないと考える人が圧倒的に多いためです。

そのため「こちら側の要求を呑まないのであれば、法的手段で訴える」という一言を付け加えることによって、証拠がなくても夫や不倫相手が不倫の事実を認め、慰謝料の支払いに応じるという可能性は非常に高くなります。

証拠がない場合には、状況証拠や法的手段という脅しなどを使って、とにかく交渉段階で慰謝料の支払いを獲得することが重要ですし、交渉段階で慰謝料の支払いに相手が応じるのであれば、証拠がなくても慰謝料を獲得することができるようになります。

隠し場所が分からずに証拠が見つからない場合でも、「いつ夫が遅く帰ってきたのか」「嘘をついたのはいつか」「なぜ嘘をついたことが分かるのか」ということを日々記録しておきましょう。
このような時系列の記録は裁判でも有力な証拠になり得ます。
 

証拠がなくても専門家であれば慰謝料が取れることも

このように、証拠がなくても相手に精神的な圧力さえ与えれば、相手がその圧力に屈して慰謝料の支払いに応じる可能性があります。
そして、最も相手に強い圧力がかかる方法が、弁護士などの専門家に依頼するという方法です。
法律の専門家に慰謝料請求を依頼すると、どのような効果があるのか、具体的に説明していきます。
 

(1)弁護士名義で請求されると相手が怯むことが多い

証拠がない時には、弁護士を通した方が交渉を有利にすすめることができます。
前述したように、証拠がない状態で裁判まで突入してしまうと、裁判では不利になってしまうので、証拠がないときには交渉段階で慰謝料を獲得する必要があります。

交渉をこちら側が有利で進めるためには、交渉段階から弁護士に慰謝料を請求してもらうのが非常に有効になります。

弁護士が慰謝料請求を行う場合には、相手に対して内容証明郵便で請求が行われることが一般的です。
普通の人は弁護士名義で内容証明郵便が届いたら、精神的に怯んでしまいます。
ましてや、実際に不倫をしているにも関わらず、弁護士相手に「不倫はしていない。証拠がない」と嘘をつき続けることができる人は、そう多くはいないでしょう。
証拠がない状態で慰謝料請求を行うためには、弁護士から請求をした方が交渉を有利に進めることができます。

(2)まずは専門家へ相談を

「相手が不倫しているという確信がある」しかし証拠がないという場合には、一人で悩んでいても何も解決にはなりません。
また、不倫で悩むと肌が荒れたり、生理不順になったり、不眠症になってしまうなど、体にとってはいいことはあまりありません。

証拠がなければ解決する方法がないということはありません。悩んでいるのであれば、諦めることなく早めに弁護士や司法書士などの専門家へ相談するようにしましょう。
専門家に相談することで、具体的な解決策も提示してもらうことができますし、前述したように慰謝料の交渉も有利に進みます。
夫の不倫に悩んでいるのであれば、早めに専門家へ相談するようにしましょう。

まとめ

不倫の証拠を隠している場合には、裁判の際に慰謝料を獲得することが難しくなってしまいます。
不倫慰謝料の請求には不倫をしている証拠が必要になるので、証拠を隠されて、自分では何も証拠を見つけることができない場合には裁判で慰謝料請求をすることは難しいでしょう。

しかし、多くの慰謝料請求で裁判までいたることはありません。基本的には当人同士の交渉になるのが慰謝料請求ですので、証拠がなくても相手が不倫を認め慰謝料の支払いに応じれば慰謝料を受け取ることができます。
そのため、証拠がない時に慰謝料請求を有利に進めるためには、弁護士などの専門家に依頼して相手よりも精神的に優位に立つことが重要です。

また、自分では物的証拠を集めることができなくても探偵に依頼することで、かなり有力な証拠を得ることができます。
隠し場所が分からなくても慰謝料を取ることができる方法はいくつもあります。
泣き寝入りすることなく、まずは専門家へ相談するようにしてください。

不倫慰謝料請求に強い弁護士

ページトップ