1. 不倫慰謝料請求ガイド TOP
  2. 不倫相手に内容証明郵便を送る

不倫相手には内容証明郵便を!書き方や効果的な送り方を解説

この記事を見ていただいている方の中には、夫や妻の不倫相手が許せない、不倫相手に何らかのアクションを起こしたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

不倫相手に連絡をするなら、慰謝料を請求したい、不倫関係を清算させて別れさせたいと思う方も多いと思います。どうせなら、直接顔を突き合わせて怒りや恨みをぶつけたいと思う方も多いかもしれませんが、それは最良の方法とはいえません。

不倫相手に対して行動をおこすなら、まずは内容証明郵便を送ることをおすすめします。とはいえ、内容証明郵便って何?どうやって書けばいいの?など、疑問点も出てくるかと思います。そこで今回は、不倫相手に内容証明郵便を送る際の書き方や注意点などを解説したいと思います。

内容証明郵便とは?

みなさんの中に、内容証明郵便を送ったことがあるという方はいらっしゃいますか?内容証明郵便とは、郵便局が「誰が、誰に、いつ、どのような内容の文書(手紙)を送ったか」ということを証明してくれる郵便のことを言います。

内容証明郵便を出すには、普通郵便にプラスして千数百円の費用がかかります。それでも不倫相手に内容証明郵便を送ることには、次のようなメリットがあります。

  • 後に裁判になった場合に「こういう内容の手紙を送った」と証拠として利用できる
  • 不倫相手に妻(夫)としての本気度を示せるので相手が要求に応じやすい
  • 相手にプレッシャーを与えられるので不倫トラブルの早期解決が期待できる
  • 慰謝料請求の時効が近付いている場合には時効を一旦中断できる

中でも、「時効の中断」のメリットは重要です。というのも、不倫相手に慰謝料を請求する権利は、不倫を知った日から3年で時効にかかって消滅します。もし、気付いたら時効直前だったようなケースでは、まず内容証明郵便を送りましょう。内容証明を送ってから6か月以内に裁判を起こさなければいけませんが、時効が来ると慰謝料を請求できなくなるので、時効を一旦中断できることのメリットは大きいと言えます。

不倫相手に内容証明郵便を送ってできること

不倫相手に対して内容証明郵便を送って何ができるでしょうか?慰謝料などお金の請求だけと思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。ここでは、内容証明でできることを具体的にご紹介していきたいと思います。

(1)不倫の交際中止を求められるか

内容証明郵便で、不倫相手と配偶者の関係を辞めさせる請求もすることができます。具体的には、内容証明郵便の中で、不倫関係の事実を示したうえで、その行為が法律に違反すること、そして「夫(妻)である●●との交際を中止することを請求する」という内容を書くようにします。

ここで特に重要なのが、「不倫関係の事実」と「法律に違反すること」を示すことです。まず、「不倫」というと、食事も浮気、キスはダメなど、人によって考えがさまざまだと思いますが、法律上慰謝料を請求したり、離婚の原因になる不倫は「不貞行為」つまり、肉体関係があったことが条件です。ですので、内容証明郵便には、「いつ、どこで、誰と、不貞行為があった」という事実を記すことが大切です

次に、不貞行為は犯罪になる違法行為ではありませんが、民法709条の「不法行為」にあたる行為です。内容証明では「不貞行為は、民法709条の不法行為に該当する」旨を書きましょう。「私の夫と不倫したので別れると誓って下さい」などと書いてもまったく意味がないので、書かないように注意しましょう。

(2)慰謝料を請求できるか

内容証明は、慰謝料の請求によく利用されます。上記のように、不貞行為の事実と不法行為にあたることを示せば、「不法行為で気持ちが傷つけられた」として、精神的苦痛に対する損害賠償である「慰謝料」を請求できます。

内容証明では「不法行為に基づく損害賠償として慰謝料金●●円を請求する」旨を記載します。なお、慰謝料を請求するときには、支払方法や支払期限も書くようにしましょう。

内容証明郵便の書き方と送付方法

内容証明を書く際には、様々な決まりがあります。ここでは、実際の内容証明の書き方をご紹介したいと思います。

(1)内容証明の用紙

内容証明郵便の用紙は自由です。ただし、文字数や行数が決まっているので、文具店などで売っている内容証明郵便専用の用紙を使うと便利で間違いがありません。内容証明郵便を送る際は封筒を用意しますが、こちらは何でも構いません。

(2)内容証明郵便に書くべきこと

内容証明郵便には、以下の内容を記載します。

①タイトル

通知書」というタイトルを付けるのが一般的です。

②不貞行為の事実

配偶者と不倫相手が、いつ(いつから)、どこで(不倫相手の家など)で不貞行為をしたことを具体的に記載します。

③不法行為にあたること

上記の不貞行為が民法709条の不法行為に該当することを記載します。

④接触・交際の禁止

特に配偶者と離婚しない場合など、不倫相手と別れさせたい場合は接触を禁止する旨を記載します。具体的には「不貞行為の相手方である●●●●との交際の中止を請求する」などと書きます。

⑤慰謝料請求

不貞行為は妻としての権利を侵害する重大な不法行為であるため、慰謝料として金●●円を請求する、という金額を明示します。慰謝料金額の目安はケースによってさまざまですが、離婚しない場合は30~100万円、離婚する場合は300万円以上になるケースもあります

⑥慰謝料振込期日

何月何日までに支払え、ということを明示します。基本的に一括払いが原則ですが、不倫相手が分割払いを請求してきた場合は、別途「示談書(合意書)」で支払日や金額を決めます。示談書というのは、当事者間で合意した内容を記した書面のことをいい、不倫(不貞行為)を認めること、慰謝料の金額、支払日、支払方法、二度と不倫相手と会わないこと、違反した場合のペナルティなどを書いて、お互いが署名押印してそれぞれ保管しておきます。

⑦振込先

振込先銀行、口座種別(通常は普通預金口座です)、口座番号、口座名義を書きます。

⑧ペナルティ

上記の期日までに支払いがなければ、法的措置を取ることを記しておきます。

⑨日付、送り主と受け取る不倫相手の氏名、住所

最後に、内容証明郵便を送る日付と送り主の氏名と住所、内容証明郵便を送る不倫相手の住所氏名を記載します。

逆にこれ以外に、「支払わなければ会社に公表する」とか「ネットに晒す」など書くと、脅迫罪などで訴えられる可能性もあるので、あくまで冷静に事実を提示して請求しましょう。

(3)内容証明郵便の書き方

内容証明郵便は、縦書きでも横書きでも構いませんが、それぞれ行数と字数が異なります。

①縦書きで書く場合

用紙一枚に26行以内、一行に20文字以内

②横書きで書く場合

横書きの場合、行と文字数はご自身が書きやすいバランスを選んで構いません。

  • 用紙一枚に26行以内、一行に20文字以内
  • 用紙一枚に20行以内、一行に26文字以内
  • 用紙一枚に40行以内、一行に13文字以内

なお、句読点は一文字に含まれ、空白スペースは含めません。慰謝料金額を記載する際の数字は、漢数字でも数字でもどちらでも構いませんが、特に手書きの場合の読み間違いを防ぐため「金●●円」と漢数字で記載するのが一般的です。

内容証明の文章ができたら、同じ内容の手紙を3通用意します。1通は不倫相手に送り、もう1通はご自身で保管し、最後の1通は郵便局で保管するためのものです。そして、書類が2通以上になった場合は、つなぎ目に押印します。

(4)内容証明郵便の発送方法

内容証明が3通できたら、その3通と、相手の住所氏名と送り主のあなたの住所氏名を書いた封筒、手数料をもって郵便局に出向きます。念のため印鑑も持参すると安心です。なお、内容証明郵便はどこでも出せるわけではないので、大型の郵便局に行くか、最寄りの郵便局を利用したい場合は事前に確認しておきましょう。

(5)内容証明郵便の費用

内容証明郵便を送る際は、以下の費用がかかります。

  • 内容証明郵便料金 430円
  • 郵便料金 82円
  • 一般書留料金 430円
  • 配達証明料金(付ける方が望ましい) 310円
  • 速達料金(付ける方が望ましい) 280円

なお、上記の料金は内容証明が1枚の場合です。枚数が増えると1枚当たり260円プラスされます。

内容証明を不倫相手の職場や会社に送っても大丈夫?

不倫相手への内容証明郵便は、原則相手の自宅に送ります。不倫相手の勤務先に送ることは、不特定多数の相手に不倫の事実を提示して名誉を棄損したとして、逆に訴えられるリスクも否定できないのでおすすめできません

相手の勤務先しか分からず会社に送らざるを得ない場合や、自宅に送っても受領されないことが見込める場合などは、弁護士に相談した上で勤務先への送付を検討してください。

不倫相手が内容証明郵便を無視した場合の対処方法は?

不倫相手が内容証明郵便を無視したり、慰謝料の支払いを拒否した場合は、法的措置を検討します。

民事事件の場合、いきなり裁判を起こすことはせず、まずは裁判所に調停の申し立てをすることになります。調停とは、調停委員という第三者を間に入れて行う話し合いのことですが、ここで話し合いがまとまって「調停調書」が作成されると、判決と同じ強い効力を持つことになります。調停でも話し合いがまとまらなければ、審判か裁判で争うことになります。

審判は、裁判所が離婚について判断する手続きで、裁判より簡単な手続きです。非公開なので秘密で離婚できるというメリットはありますが、一方が結果に反対すると結局裁判になるので、あまり利用されていません。裁判は、裁判所が夫婦の合意がなくても強制的に離婚について決定するものです。さまざまな事情を考慮して、場合によっては離婚を認めないという判断が下されることもあります。

調停は通常数ヶ月から半年程度で終了しますが、裁判になると1~2年かかることもあります。長期化すると訴える側にとっても負担が大きくなるので、内容証明を出すことで相手にプレッシャーを与え、早期の解決を目指すことは、負担を軽減する上でも効果があります。

内容証明郵便の効果を上げるための方法とは

内容証明郵便を普段から受け取る機会は多くはないでしょう。それだけに、不倫相手に内容証明を送ることはインパクトを与え、不倫された妻(夫)の本気度を示すうえで有効ですが、なかにはそれでも無視したり、誠実に対応をしない不倫相手もいます。

そこで、内容証明郵便の効果をより高めるためには、弁護士名で送る方法が効果的です。妻(夫)側が弁護士を付けたとなれば、一層相手に本気度が伝わり、本当に裁判で訴えられるかもしれないと考える人も多く、裁判に至る前に慰謝料の支払いや不倫関係の解消に応じる可能性が高まります。

また、内容証明郵便は弁護士に代わりに書いてもらえるため、内容にも間違いがありません。自分で書くと書式を間違えたり、法的に効力のない文章や脅迫に該当しかねない文章になることもあるので、それを避けるためにも、弁護士名で内容証明郵便を送る、弁護士に内容証明の作成を依頼することには大きな効果があると言えるでしょう。

なお、稀にネットなどで見た弁護士名を勝手に使って文章を作成する人がいますが、それは逆に犯罪や損害賠償を請求される可能性がある行為ですので決してやってはいけません。弁護士名で内容証明を出すためには、まずは法律相談などで弁護士に相談し、依頼するかどうかを決めましょう。

まとめ

不倫相手に対して慰謝料や不倫関係の清算を依頼するには、裁判を起こすしかないと思っていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。そこまでいかなくても、内容証明郵便を送ることで事態の解決につながるケースは少なくありません。

とはいえ、内容証明郵便の送り方には、ご説明したようなさまざまなルールがあり、文章の内容も法的根拠を示して書かなければいけないなど、ご自身でするには難しい場合もあります。不倫相手への連絡でお悩みの方は、まずは弁護士にお気軽にご相談されてみてはいかがでしょうか。

↓ 慰謝料請求に強い弁護士 ↓

ページトップ