1. 不倫慰謝料請求ガイド TOP
  2. 証拠集めに役立つ情報
イメージ画像

不倫・浮気の証拠集めに役立つ情報

あなたの夫もしくは妻が浮気・不倫をしているとわかった場合、相手に任意で慰謝料を請求するケースがあるとします。しかし相手がそれに応じない場合は裁判となり、そこであなたのパートナーが不貞行為をしているという証拠が必要となってきます。そこで今回はどのような証拠が必要で、それを効率的に集める方法を紹介したいと思います。

メールやSNSのやり取り

やはり証拠として有効となるものは性的な内容が記載されてあること、ホテルや相手の自宅に宿泊したこと、二人きりで旅行したことなどが記載されていることが挙げられます。しかし一緒に食事をした、デートをしただけの内容だと友達同士でも有り得ることなので、不貞行為の証拠としてはあまり有効ではありません。

写真・ビデオ

もっとも強い証拠として挙げられるものとして先ず、ベッドでの男女の写真やキスをしている男女の写真などが上げられます。つまり、恋人同士でないと有り得ないような状況の写真であればかなり有効です。ただこちらも1と同様に食事やデートの写真だけだと証拠としては弱くなります。

相手方からの手紙・贈り物

こちらも1と共通する説明にはなりますが、性的な内容、ホテルや相手の自宅に宿泊したこと、二人きりで旅行したことなど恋人同士でないと有り得ないような状況が記載されていれば証拠として有効ですが、デートの誘い、近況報告程度であれば証拠として使うことは難しいと考えられます。

その他

上記3つほど強くはないですが、挙げられるものとしては浮気の事実が記載されてある日記、ラブホテルの領収書、会話の録音テープ、第三者の証言などが該当しますが、これら単体だとあまり強い証拠と言えないので、上記3つの事実を裏付けるための補強材料として使用することをお勧めします。

証拠の保存方法

まず証拠によって浮気の事実が発覚した場合は取り乱して、怒りのあまり勢いに任せて消去・破棄してしまうこともあるかもしれませんが、それは慰謝料を請求したいのであれば証拠を減らすことによって、自分自身をより不利な状況に追い込むことになってしまいます。

まず一呼吸置いて冷静になりましょう。

写真であればその現物を保存しておくことをお勧めしたいですが、それが難しい場合は現物をコピーすることや、別の機器に転送、その写真の写真を撮るようにしましょう。メール・SNSの場合も同様にそのやり取りを写真で撮る、プリントアウトをして紙で保存することなどが挙げられます。その際に相手方の名前や電話番号、メールアドレスなどの個人情報を出来るだけ多く写すようにしましょう。

なお上記で挙げた中で、2の写真が証拠として一番強いですが、それ以外の証拠だけで決定的となることはあまり多くないので、なるべく多くの証拠を集めて、それが積み重なることによって不貞行為を立証できる場合もあります。冷静になり可能な限り上記に該当するような証拠を集めるようにしてみて下さい

まとめ

浮気の証拠として有効になりやすい物としては恋人同士でないと有り得ないようなメール・SNSのやり取り、写真・ビデオ、手紙・贈り物が挙げられます。録音や第三者の証言などは単体だと弱いので、上記3つと併せて事実を立証した方が有効です。それらを保存する際はまず冷静になって、写真で保存することや、プリントアウトして紙で保存するようにして下さい。その際に相手方の個人情報も写すようにしましょう。そして証拠は多い方がより有利になりますので、一つだけに満足せずになるべく多く集めて下さい。

↓ 慰謝料請求に強い弁護士 ↓

ページトップ