1. 不倫慰謝料請求ガイド TOP
  2. 慰謝料請求の手順と準備
ph

浮気・不倫相手に慰謝料請求する手順と確実に獲得する為に準備するもの

不倫相手に責任を取ってもらうためにも慰謝料を請求したいけれど、何から始めたらいいか分からないという方もいるのではないでしょうか。

ご自身の夫や妻と不倫した相手に慰謝料を請求して確実に払ってもらうためには、きちんと準備をして請求することが大切です。不倫された場合に慰謝料を請求するのは権利の行使ではありますが、後先を考えずに無茶に慰謝料請求をすると違法行為になり、刑事事件になる可能性もあるので注意が必要です。

今回は、不倫相手に慰謝料を請求する流れと、確実に慰謝料を獲得するために必要なものについてご説明していきます。

不倫相手に慰謝料請求できるケースとは

不倫慰謝料の請求は、夫婦は互いに「貞操義務」を負うのにそれに違反した夫、または妻に対して行うのが基本になります。不倫相手は、その義務違反による権利の侵害を、夫や妻と一緒に共同して行った責任があるとして、慰謝料請求をできることになるのです。

ただし、全ての不倫のケースで不倫相手に慰謝料請求できるとは限りません。不倫相手に慰謝料請求をして払ってもらうためには、不倫相手に次の2つの条件があることが必要です。

  • 故意(相手が既婚者と知りながら敢えて不倫をしていたこと)
  • 過失(相手が既婚者だと普通なら気付くのに気付かずに不倫していたこと)

そのため、夫や妻が、自分は独身者だとか、既に離婚しているなどとうそをついて、相手もそれを信じるのに十分な理由があるようなケースでは、実体としては不倫になるとしても、不倫相手に対して慰謝料請求できないというのがルールです。

不倫相手に慰謝料請求する手続きの流れとは

内容証明郵便

不倫相手に慰謝料を請求するのに、いきなり裁判を起こすというのは現実的ではありません。まずは、話し合いで慰謝料の支払いを求めるのが、精神的にも、時間的にも負担が最も少なくて済みます。

ただ、直接話をするのは嫌だとか、不倫相手が話し合いに応じないという方もいるでしょう。

そのような場合には、内容証明郵便を送って請求することをおすすめします。内容証明郵便は、いつ、誰が、どのような内容の手紙を、誰に対して出したのかということを、郵便局が証明をする郵便のことを言います。内容証明郵便が届くと、驚いてそれだけで慰謝料の支払いに応じる人も少なくありません。

また、不倫相手が慰謝料の支払いに応じなかった場合に、今後法的措置に進んでいくための証拠ともなりやすいという特徴があります。ただし、証拠として残るだけに、脅迫めいた文章を書かない等の注意も必要です。より効果的に支払いを求めるには、内容証明郵便の作成から弁護士に頼むことも有効です。

調停

内容証明郵便を送ったり当事者間の話し合いの場で慰謝料の請求をしても、不倫相手が応じなかったり、請求した金額について合意できなかった場合には、不倫相手に対して調停を申し立てることを検討しましょう。調停とは、第三者である調停員を間に入れて話し合いで解決することを目指していく手続をいいます。

調停の手続きは、まず裁判所に申し立てを行うと、裁判所が調停期日を指定して、当事者双方を呼びだし、調停の場がもたれるという流れで進んでいきます。調停は、裁判に比べて手続きにかかる費用が安く済み、解決までの期間が短くて済むというメリットがあります。

調停は、当事者だけで行うこともできますが、弁護士を同席させることで、より有利に話し合いを進める効果も期待できるので、調停を利用する場合は検討してみてください。

裁判

調停でも不倫相手と慰謝料について合意に達しない場合は、裁判に移って裁判官に判断してもらうことになります。

裁判を行う際は、訴える人が住んでいる場所を管轄する裁判所や、不倫があった場所の裁判所に申し立てを行います。これは、不倫は法律上の「不法行為」に基づく損害賠償請求なので、被害者である訴える側の住所地で裁判をすることができるためです。

裁判をするには、配偶者と不倫相手の間に不貞行為があった事実を示す証拠が必要になるので、裁判をする前に証拠集めをしっかりしておくことが重要になります。加えて、この不貞行為によって、配偶者である自分の権利が侵害されたことを書いた訴状という書類を提出します。

このようなお互いの主張を書面で提出し合い、最終的に裁判官が判決を下して、慰謝料の額などを決めて支払いを命じることになります。

裁判になると、不倫相手の対応によっても変わりますが、通常は数ヶ月以上の期間が解決までにかかります。期日の度に呼び出されると、仕事に支障が生じて大変な場合もありますが、弁護士を立てれば代わりに行ってもらうこともできます。

裁判で慰謝料請求をしたい場合には、まず弁護士に相談してみることで、仕事と両立しながら裁判を検討することができるでしょう。

不倫相手に慰謝料請求するために準備しておくべきものとは

不倫の証拠になるものとは

上記のように、不倫相手に慰謝料を請求するには、不貞行為があったという証拠が必要です。

しかし、証拠になると思っていても、実際はさほど有力な証拠にならなかったり、突きつけても反論されるようなものもあります。

たとえば、配偶者と不倫相手のツーショット写真や、仲の良さをうかがわせるメールは、それだけでは慰謝料を請求する証拠としては不十分です。

実際には、ラブホテルに出入りしている正にその場面の写真など、不貞行為を決定づける証拠が必要になります。

実際に、不倫慰謝料の請求をする際に有利に働く証拠としては次のようなものがあります

写真、動画など

ラブホテルに配偶者と不倫相手が入る瞬間や、出てきたところの写真は、探偵に浮気調査を頼んだ場合に良く上がってくる資料ですが、慰謝料請求の証拠として有効です。また、パソコンやスマホに、配偶者と浮気相手の性交渉の動画や写真が保存されていれば、それも有効な証拠になります。

メール、LINEなど

メールやLINEなどの、配偶者と不倫相手のやり取りも、内容によっては慰謝料請求する証拠となります。具体的には、性的関係があったことを示す内容があることが証拠として決めてになります。

録音音声

不倫相手が配偶者と不貞行為があったと認めた内容を録音した音声は、有効な証拠となります。電話で連絡をする際などは、録音しておくとよいでしょう。

その他の証拠

その他、ホテルの領収書や、ラブホテルの会員証、不倫を示すようなSNSの投稿、着信履歴なども、不倫の証拠となる場合もあるので、注意して集めておくとよいでしょう。それ単独では証拠とならなくても、他の証拠や自白と相まって、慰謝料請求する際に有効に利用できることも少なくありません。

証拠集めをする際に注意すべきこと

不倫の証拠集めをする際には、配偶者や不倫相手に気づかれないことが大切です。まず、スマホや携帯をチェックし、次にSNSや手帳、レシートの有無などを確認しましょう。

これらの証拠を見つけたら、ご自身のスマホで撮影するなど証拠として保存しておくことが大切です。不倫調査を専門にする探偵もいるので、プロに任せるのも有効な方法です。

そしてもう一つ注意しなければいけないのが、違法行為をしないということです。不倫相手に自白をさせるために脅迫したり、相手の家に忍び込んだりと言ったことは、絶対にしてはいけません。

不倫慰謝料を請求できないどころか、ご自身が刑事事件の加害者になる可能性があります。不倫の証拠集めに不安がある場合には、弁護士を間に入れて、相談したり指示を受けながら進めると安心でしょう。

示談書の準備

不倫で慰謝料を請求するには、証拠だけでなく、その後の慰謝料の支払いに備えて示談書も準備しておきましょう。

示談書には、金額だけでなく、条件もきちんと記載しておくことが重要です。たとえば、配偶者と二度と連絡しない、不倫したことを他言しない、示談書以外には債権債務が存在しない(精算条項)などを盛り込み、法的に有効な書式で作成することが、今後の蒸し返しを防ぐには何よりも重要です。

示談は一度するとやり直しがきかないので、作成する際には一度弁護士のアドバイスを受けておくことをおすすめします。

まとめ

不倫相手に不倫慰謝料を請求する手続きや、事前に準備しておくべき注意点を解説しました。

慰謝料を請求した際に、不倫相手が素直に認めてすぐに支払うとは限りません。有効な証拠を集めて、確実に慰謝料を請求するためには、事前の準備と適法な手続きを取ることが重要です。

せっかく請求しても法的に意味がなかったり、逆に警察沙汰になっては本も子もないので、ご心配な場合には、弁護士を間に入れて慰謝料請求を検討してはいかがでしょうか。

↓ 慰謝料請求に強い弁護士 ↓

ページトップ