1. 不倫慰謝料請求ガイド
  2. 探偵の浮気調査方法

探偵の浮気調査方法を徹底解説・素人とプロの違いは?

夫に浮気の疑いがある場合、探偵を使うべきでしょうか?
「夫が浮気しているかもしれない。」「どうやって確証を掴んでいいか分からない」
このように悩んでいる人は少なくありません。

そのような時には探偵を使うことで確実な証拠を掴むことができます。
しかし、探偵には費用がかかるので、探偵を使わずに自分で証拠を探す方法もあります。

この記事では、探偵の浮気調査の方法と、自分で浮気調査をする方法を比較していきます。
どのようにして、夫の浮気の証拠を掴むべきなのか適切な判断ができるようになりましょう。

探偵の浮気調査の方法

探偵に浮気調査を依頼すると、主に探偵が取る手段は以下の3つです。
これらの方法は自分で浮気の証拠をつかもうとしても、素人には難しい方法です。

(1)聞き込み

探偵が最初に行うことは「聞き込み」であることが一般的です。
対象者の近くの人に探偵ではない振りをして近づき、対象者の行動について聞き込みを行います。

場合によってはなんども足を運び、親しくなってから情報を入手することもあります。
また飲食店などの中には、普段から探偵に協力している店舗もあり、「〇〇と〇〇がこの店に来た」という情報を探偵に提供している場合もあります。

このように、客観的に対象者が不倫相手と親密な関係にあると思われる情報を蓄積して、対象者に対してどのようにアプローチしていくのかについて具体的な方向性を決定します。
 

(2)尾行

尾行には3種類の尾行があります。

①徒歩での尾行

徒歩での尾行は尾行の基本です。歩いて対象者を追跡し、浮気の現場などを特定し写真などで撮影します。
誰でもできそうな尾行ですが、探偵は撮影を伴い、対象者の行動記録が書けるように尾行を行います。

ただ尾行するだけでなく、行動を詳細に記録しながら撮影も行います。簡単なようでプロしか行うことができない尾行です。
また、探偵が業務として尾行する分には法律に抵触しませんが、一般の人が行うとストーカー禁止法違反などに該当するリスクもあるので注意しましょう。

②バイクでの尾行

バイクでの尾行は機動性に富んでいるので、実は多く利用される尾行の方法です。
狭い路地などに入っていくこともでき、確実に徒歩よりは速いので対象者を見失うことをありません。
バイクの運転免許を持っていなければならず、運転技術も求められ、さらに地理に明るくないとできない尾行ですので、やはり熟練の探偵事務所でないとできない尾行の方法です。

③車両での尾行

最後が車両での尾行です。
対象者が車両で移動する場合には、探偵も車両の使用が絶対に必要になりますが、対象者に気づかれないための運転技術や地理に対する知識などが必要になります。

対象者もずっと同じ車が後尾についていたら不審に思うので、やはり怪しまれない運転技術と高度な運転テクニックが求められます。

(3)張り込み

探偵は、浮気の決定的な証拠を掴むまで張り込みを行います。
浮気の決定的な瞬間とは、夫と浮気相手が「ホテルに入る写真」「一緒にどちらかの家を出入りする写真」の2つだけと言っても過言ではありません。

手を繋いでいる写真やキスをしている写真も一応有力な証拠になるものの、不倫の定義である不貞行為というのは不倫相手とセックスをしているということですので、キスや手を繋ぐ写真だけでは不十分ですので裁判になった時に有力な証拠とは言えなくなります。

探偵は対象者と浮気相手がホテルに入るまで深夜まで張り込みを行い、暗闇でも撮影できるよう特殊なカメラを使用して決定的な証拠を撮影します。
いくら後をつけても、この瞬間を撮影できなければ意味はありません。

一般人が深夜まで張り込み、対象者にバレないように浮気の証拠を掴むことは簡単ではありません。
この張り込みの瞬間と証拠の撮影こそ、探偵に依頼する大きなメリットということができます。
 

探偵は浮気相手の身元調査もしてくれる

探偵に浮気調査を依頼する大きなメリットは、浮気相手の身元調査も行ってくれるという点です。
探偵は、浮気相手を徹底的に調査し、氏名、住所、生年月日、勤務先はもちろん、浮気相手の実家や家庭状況、さらに配偶者以外の交際関係などを調べてくれます。

配偶者の浮気の証拠は自分でも集めることはできるかもしれません。
しかし、赤の他人である浮気相手の身元を詳細に調べるのは基本的に不可能です。

調べることができたとしても、氏名も勤務先くらいではないでしょうか?
探偵に浮気調査を依頼すれば、浮気相手の詳細な情報を全て知ることができます。
詳細な情報を得れば得るほど後々慰謝料請求をする際に有利になります。

また、深夜に配偶者からバレないようにホテルに出入りする明瞭な写真を撮影するなど、素人には不可能ですし、一定期間の行動パターンを詳細に記録するのも不可能です。

探偵に浮気調査を依頼することの隠れた大きなメリットの1つは、浮気相手の身元調査や写真や行動把握を詳細に記録した調査報告書を作成してくれるという点です。
 

悪質な探偵に注意!悪質な探偵会社の4つの特徴

探偵に依頼することはメリットが多数あるのは事実です。
しかし探偵の中には、高額の料金に見合わないような調査しか行ってくれない悪質な業者も存在します。
以下のような業者には注意が必要です。
 

(1)GPSのみの調査

悪質な探偵事務所の中にはGPSでの行動把握しか行なってくれないことがあります。
GPSの調査というのは、あくまでも尾行調査の補助的な役割のために行う調査で、GPSの記録から「ホテルに入った」という証拠を掴んだところで、それは不倫をしているという客観的な証拠ではありません。

依頼者があくまでも慰謝料請求を前提とした不倫の証拠を求めているにも関わらず
「GPSの調査のみで十分」と勧めてくる探偵事務所は悪質な探偵事務所と言えます。
 

(2)盗聴器の設置をクライアントに依頼する

盗聴器の設置をクライアントに依頼し、それのみを証拠とする探偵事務所も悪質です。
盗聴器の設置を依頼者が行うことは、設置場所が、夫婦が共に暮らす自宅で、配偶者の音声を記録するためであれば違法ではありません。
しかし、盗聴器による音声データも慰謝料請求時の有効な証拠にはなり得ません。

あくまでも有力な証拠とは、ホテルやマンションに出入りする写真ですので、盗聴器の設置のみをクライアントへ依頼して、それで調査を終了するような事務所は悪徳業者ですし、そもそもこれだけであれば探偵を使わずに自分で行うことができます。
 

(3)不法行為を提案する

悪徳業者の中には、別居中の配偶者の自宅、会社、不倫相手の自宅などに侵入させ盗聴器などを設置するよう依頼する業者も存在します。

いくら配偶者が不倫しているからと言って、別居中の自宅や会社などに侵入することは不法侵入にあたり、これは不法行為です。
クライアントに対してこのような不法行為を行うように提案する業者も間違いなく悪質業者ですので、このような提案をする業者に調査を依頼することはやめた方がよいでしょう。
 

(4)別れさせ屋を使わせようとする

配偶者と不倫相手を別れさせるために、別れさせ屋の利用や別れさせ工作を提案してくる業者も悪質な業者だと考えた方がよいでしょう。
探偵に法律が認めている行為は、聞き込み、尾行、張り込みのみで、他の業務は認められていないので、探偵が別れさせ工作をすることは本来できません。

そもそも探偵の業務外の行為を探偵に依頼することは、後々、多額の費用を請求されるなどのトラブルにもなり兼ねません。
また、別れさせ屋も暴力事件などに発展するような事例もあるので、このような提案をする業者にも調査を依頼しない方がよいでしょう。
 

探偵を使わず自分で浮気調査する方法

浮気の証拠を集めるだけであれば、自分一人でもできることがあります。
主な方法は以下の6つを挙げることができます。

これらの方法を利用すれば、浮気調査とまではいかなくても、確実な証拠を抑えることができる可能性が高いので、証拠を提示して夫を問い詰めるということが可能になります。

自分でできる浮気調査の方法について具体的に見ていきましょう。
 

(1)LINEやSNSを確認する

スマホには浮気の証拠が多数隠されています。
そのため、まずは配偶者がスマホを利用しているのを後ろから見るなどして、スマホロックを解除する方法を知っておきましょう。

スマホのロックを解除できれば、配偶者の入浴中や睡眠中にLINEやSNSを確認することができます。
LINEでは、名前を聞いたことがない異性とどんなやりとりをしているか確認して、肉体関係があることが分かる内容については証拠を押さえるために自分のスマホで画面を撮影しておきましょう。

また、最近はSNSでの不倫も増えていることから、ツイッターやインスタグラムのDMや、Facebookメッセンジャーなども確認した方がよいでしょう。
肉体関係を証明できるやりとりがあった場合には、証拠を押さえておくことを忘れないようにしてください。
 

(2)スマホに保存されている写真を確認する

スマホの写真にも有力な不倫の証拠が残されている可能性があります。
不貞行為の証拠とまではいかなくても、不倫相手とのデートの写真など「異性と親密な関係にある可能性がある」と判断できる証拠は獲得できる可能性はあるので、スマホのロックを解除したら確認を忘れないようにしましょう。
 

(3)通話の履歴を確認する

通話の履歴も確認しておきましょう。
「ちょっとコンビニ行ってくる」などと言って、ふらっと出かけた時間に通話の履歴があれば、それは家族には聞かれたくない相手との電話ということですので、その電話相手は不倫相手の可能性が高いと考えられます。

「不倫相手は誰なのか」ということを特定するために、通話の履歴確認は非常に有効な方法ですので、通話の利益の確認も忘れないようにしましょう。
 

(4)スマホにマッチングアプリがないかをチェック

せっかくスマホのロックを解除したのであれば、スマホにマッチングアプリがないかということのチェックもしておきましょう。
マッチングアプリから浮気相手を探しているケースも最近は多数存在します。

こちらも、相手に対する有力な証拠になるので、やはりアプリが写っている画面を撮影しておくようにしましょう。
 

(5)友人知人に確認する

夫と自分との共通の友人や知人に「最近夫(妻)の帰りが遅いけど、仕事が忙しいのか」などと自然に相談してみるのも有効な方法です。

「不倫をしていると思う」と教えてくれる人は少ないかもしれませんが、少なくとも仕事が遅いのか、それほど遅くないのか、毎日何時頃に退社しているかなどは知ることができます。
 

(6)尾行する

夫や妻を尾行できるのであれば、尾行してホテルやマンションに出入りする写真を撮影するという方法もあります。
配偶者が会社から出てくるところを待ち伏せして尾行することは理論的には可能です。

しかし、一般人が配偶者に気づかれないように尾行するのは困難ですし、暗闇の中フラッシュもたかずにホテルやマンションに入る写真を撮影することも困難です。
現実的に難しいのであれば、バレる可能性の方が高いのでこの方法はあまりおすすめできません。

自分で浮気調査するために必要なものは多い

自分で浮気調査をすればお金がかからないように思えますが、実は自分で調査したとしても事前に用意しなければならないものは数多くあります。

  • ICレコーダー
  • GPS
  • 暗闇でも撮影できる高感度のカメラ

などです。

証拠を抑えられるかどうかも分からないのに、これだけのものを用意するお金を支払わなければなりません。
買うのも大変ですし、自分で用意する場合には金銭的、時間的な負担は決して軽くはないのです。
 

探偵に浮気調査をした方が確実

浮気の証拠を集めることは自分自身でも可能です。
しかし、証拠を集めただけでは、浮気相手の身元調査は不可能ですので、集めた証拠を配偶者に突き付けて自白させ、配偶者に慰謝料を請求する程度のことしかできません。
確実に浮気調査をして、不倫相手の情報を明確に得るのであれば探偵に調査を依頼する方が確実です。

しかし「浮気調査に払うお金がない」「浮気調査にいくらかかるのか知りたい」と考えている人も多いのではないでしょうか?

浮気調査の報酬は、契約形態によって様々です。
最後に探偵に浮気調査を依頼した場合の相場について詳しく解説していきます。
 

(1)探偵の料金相場

探偵の料金相場は

  • 時給型
  • パック型
  • 成功報酬型

の3種類に大別されます。
時給型は短期間で調査が終わるのであれば料金は安くなりますが、なかなか証拠が掴めない場合にはパック型や成功報酬型の方が安くなることもあります。
 

①時給型

時給型の場合には、調査時間×時給×調査員の人数が費用になります。
時給は5,000円〜12,500円程度が相場ですので、20時間で調査が終わり、調査員が1人であれば25万円になります。

ただし、調査時間がかかるのであれば、料金は必然的に高くなり、100時間もかかってしまうと125万円もの費用が必要になります。

②パック型

パック型は調査時間ごとにあらかじめ決められた料金を支払う方法です。
例えば

  • 20時間:25万円
  • 30時間:40万円
  • 50時間:50万円

などと、調査時間が長くなるごとに1時間あたりの料金や安くなります。
そのため、明確に不倫の証拠を掴むことが難しく、調査が長くなりそうな人にはおすすめのプランと言えます。

③成功報酬型

成功報酬型は明確に不倫の証拠を抑えることができた場合のみ、料金が発生するプランです。
着手金として料金の2割〜3割程度を支払わなければならない場合もありますが、初期費用は最も安くなります。

「不倫をしているかどうか、自分でもよく分からない」という場合には、シロであれば料金は発生しないので、こちらのプランの方がよいかもしれません。
優良な探偵事務所へ相談すれば、ケース別に最適な料金プランを相談してくれるでしょう。
 

(2)証拠を掴めば探偵費用は慰謝料で取り返せる

どのようなプランにするにせよ、探偵に依頼するには決して少なくない費用がかかります。
しかし、離婚を前提としているのであれば、探偵にかかった費用は慰謝料で取り返すことができますし、探偵に明確な証拠を集めてきてもらった方が慰謝料も高くなる傾向があります。

その後の慰謝料請求を考えれば探偵に支払う費用に費用対効果はあると言えるでしょう。
 

まとめ

浮気の調査は自分でもできますが、ホテルやマンションに出入りするという決定的な証拠を自分で抑えることは簡単ではありませんし、自分で調査するにしても時間もお金もかかります。

最初から探偵に依頼した方が確実で費用も比較的安く抑えることができるケースも少なくありません。
離婚して相手から慰謝料をとる計画であるならば、早めに探偵に依頼した方がよいかもしれません。

不倫慰謝料請求に強い弁護士

ページトップ

自分で解決するには限界があります

実績豊富な弁護士はこちらから